アジアン雑貨に関する情報が満載!

アジアン雑貨の種類について

インテリアやアクセサリーなどに取り入れやすいアジアン雑貨は、日本人にとても人気があります。
アジアン雑貨の種類には、バリ雑貨、インド雑貨、ベトナム雑貨があり、それぞれ違う魅力をもっています。
アジアン雑貨といえば、バリ雑貨を思い浮かべる人が多いと思います。
バリ雑貨は、アジアンリゾートらしいナチュラルな素材を使ったアイテムが豊富です。
ノスタルジックな雰囲気とアジアンリゾートらしい南国の雰囲気をあわせ持っていているのが特徴で、カエル、ネコ、カメ、花など日本人にも親しみやすいモチーフが使われているものが多いです。
インド雑貨は、大胆なモチーフとカラフルな色使いが特徴です。
神聖な動物とされるゾウをモチーフとした雑貨もインドならではで、頭がゾウで身体が人間である、ヒンズー教の神であるガネーシャも、よく使用されています。
ベトナム雑貨は、色彩の華やかなものが多く、サンダルやバッグなどのファッションアイテムが特に支持されています。
美しいアジアンモチーフの絵柄が魅力のバッチャン焼という陶器も有名ですが、比較的リーズナブルなので、普段使いの食器としても取り入れやすいです。
様々な種類のアジアン雑貨がありますので、自分の好みに合うものをよく吟味して、くらしの中に取り入れてみましょう。

豊富なアジアン雑貨の種類と特徴

アジアン雑貨のデザインは豊富でさまざま種類があります。
アジアン雑貨とはインドやバリ、タイやベトナムなどのアジア周辺の国の雑貨の事です。
神々が住む島として知られているバリは観光客が多くリゾート地として有名です。
バリ雑貨はアジアンテイストのナチュラル素材を利用した雑貨が多くあります。
カエルや猫、亀などの日本でもおなじみの動物がデザインされた雑貨の種類が多いのも特徴です。
タイ雑貨は古くからある雑貨が現代風にアレンジされておりスタイリッシュなものが多くカジュアルファッションにもあうアクセサリーが多いです。
ハンドメイド作品が多くお守りとして身につける事ができます。
現代のファッショにも違和感なく取り入れいれることができます。
インド雑貨は大胆な色使いとデザインでエキゾチックな雰囲気を楽しむ事ができます。
他のアジアン雑貨とは趣が異なりインド独特の雰囲気やデザインの雑貨があります。
色の鮮やかなビーズアクセサリーは特に人気があります。

注目サイト

2016/6/23 更新

▲ページトップへ

Copyright (C)2015 アジアン雑貨手帳.All Right Reserved.